みっしょん・もくてき

みっしょん・もくてき

外国人(がいこくじん)女性(じょせい)(かい)・パルヨンのミッション

パルヨンは、日本(に ほん)にいる 外国人(がいこくじん)(おんな)(ひと)を (たす)ける(かい)です。 2007(ねん)に できました。

日本(に ほん)には たくさんの 外国人(がいこくじん)が います。(こま)っている(ひと)も たくさん います。

パルヨンは、外国人(がいこくじん)(おんな)(ひと)が (なに)(こま)っているか 調(しら)べます。

どうしたらよいか、みんなで (かんが)えます。 そして、みんなで (たす)けます。    

パルヨンが 大事(だいじ)にしていること

1番目(ばん め)は 「みんなで一緒(いっしょ)に」です。

パルヨンには、 世界中(せかいじゅう)から()た メンバーがいます。いろいろな(くに)(ひと)が います。 言葉(ことば)が (ちが)います。 みんな いろいろな理由(りゆう)で 日本(に ほん)()ました。  

あなたが (こま)っているときは、パルヨンの(かい)に ()てください。

(わたし)たちと 一緒(いっしょ)に (はな)しましょう。 みんなで 一緒(いっしょ)に (かんが)えましょう。

日本語(にほんご)が (はな)せなくても ()いです。 どうぞ ()てください。 連絡(れんらく)を ください。

2番目(ばん め)は 「(おも)いやり」です。

(おも)いやり」は、 相手(あいて)気持ち( き も)を (かんが)えることです。

思いやり(おも)」は、 やさしい気持ち( き も)で (たす)けることです。

思いやり(おも)は、 はげます言葉(ことば)を かけることです。

日本(に ほん)に ()んでいる外国人(がいこくじん)は、たくさん不安(ふ あん)を (かん)じています。

こわい()に ()(ひと)も います。

もし、あなたが 「(わる)(ひと)だ」と ()われたり、 差別(さべつ)されたり、いじめられても  

がまんしないで ください。

「がまんすること」は 「思いやり(おも)」では ありません。

そんな(とき)は、パルヨンに()て あなたの気持ち( き も)を 話して(はな)ください。

(わたし)たちは、ゆっくり あなたの(はなし)を ()ます。 

きっと (こころ)も (からだ)も (らく)になります。

パルヨンでは、(だれ)も あなたを (わる)()いません。

あなたは、自由(じ ゆう)に 話せます(はな)。 みんなが、みんなを大切(たいせつ)にします。 

安全(あんぜん)な 場所(ばしょ)です。

(わたし)たちは、 日本(に ほん)に住んでいる 外国人(がいこくじん)(おんな)(ひと)が、安心(あんしん)して 生活(せいかつ)できるように (たす)けます。

パルヨンは「(おも)いやり」の(こころ)(たい)(せつ)にします。

パルヨンが目指めざすこと(目的もくてき

パルヨンは 2007(ねん)に できました。 

(いま)では とても(おお)きな(かい)に なりました。

パルヨン(Paljon)は フィンランド()です。 「たくさん」という 意味(いみ)です。

(いま)、 外国人(がいこくじん)(おんな)(ひと)は 「日本(に ほん)にしてほしいこと」が たくさんあります。

そして、 日本(に ほん)社会(しゃかい)も 「外国人(がいこくじん)にしてほしいこと」が たくさんあります。

パルヨンは 両方(りょうほう)を ()っています。両方(りょうほう)が うまくいくように お手伝(てつだ)いをします。

(わたし)たちは、 外国人(がいこくじん)(おんな)(ひと)に 日本(にほん)で たくさん(とも)だちを (つく)ってほしいです。

(わたし)たちは たくさんの(ひと)が (しあわ)せになるよう、 お手伝(てつだ)いをします。

外国人(がいこくじん)(おんな)(ひと)が 安心(あんしん)できる 場所(ばしょ)を (つく)ります。 

みんなが、 情報(じょうほう)()ったり、 (たす)けてもらったりできる 社会(しゃかい)を (つく)ります。

それが パルヨンの 目標(もくひょう)です。